今を心地よく過ごすヒント~悩みを自分で作る時

こんにちは。
NLP子育てコーチの十河由紀です。

今日は、知らず知らずのうちに
自分で悩みを作っているという事を
私の体験を元にお話ししますね。

私の体験から

今朝、いつものように
ゴミ出しに行きました。

あー、今日はいい天気だなあ
そう思いながら外へ出たのですが

ふと、近所の家を見た時に
そのお宅のママを思い出しました。

悩みを自分で作っている

 

そのママのお子さんは
うちの子よりも学年が下ですが
一緒に登校したこともあります。

会えばご挨拶するくらいなのですが

あのママさん、うちの子が学校に行っていないことに気づいているかな?

ふと、そう思ったんです。

勝手に思考が動き出す‥

そこから、私は勝手に
そのママがうちの子が学校に行っていないかも!?と気づいている前提で

「お子さん、最近見かけないけど、どうしたの?」

と質問されて
それにどう答えているかを考え始めました。

自動的に考え始める

正直に打ち明けようか、
いやいや、子どもの立場も考えると
向こうから言われるまではあえて言う必要はないか‥!?等々。

そこで、
無意識に思考が働き始めたことに
はたと気づきました。

「このまま考え続けていたら
『悩み』になってしまうところだった」

悩みとは
近所のママに打ち明けた方がいいかどうか?
ママにどう思われるかが気になる
今後のお付き合いに差しさわりにならないか?

3つ目はさほど気にはしていませんが、大体こんなところです。

勝手に悩みを作り始めていたことに気づいたので、それをストップし、意識を「今」に向けました。

さわやかな風が心地よく
吸ってる空気もおいしい感じ。
大好きな五月の緑の風景が広がっている。

意識を今に向けるのにおススメの方法は、このように五感を使うことです。

意識を今に向ける

人はこんなことを日常的に繰り返しています

人は考えることのできる生き物です。
脳が発達しているので
ある一つの情報を受け取ると
瞬時に色々な思考が働き始めます。

その一つ一つを関連づけていくことが
自動的に行われています。

ちょっと難しいですね(^^;)

自動的な思考が悩みを作る

 

今朝の私の話で言うと

近所のママの家が見えて
ママを思い出し
うちの子の不登校と関連付けて
どう思われてるかなどを考え始めた。。

ほっといたら
頭の中で話がどんどん展開し
悩み続けることになっていたかもしれません。

大事なことは
これはまだ起きていない出来事で
未来に起こるかどうかすらわからないこと。

何か起きた時のために備えておくという視点では、自分の対応を考えておくことは必要な事です。

でも、今考えたからといって
起こるか起こらないかわからないことに
エネルギーを使うよりも

今を気持ちよく過ごすことに
エネルギーを注ぎたいなあというのが
私の考えです。

今を心地よく生きる

こうやって無意識のうちに
悩みを作り始めている私たち。

悩むことは悪い訳ではありませんが

ずっとその中にいるのがいいのか
それとも、別の過ごし方をするのかを
選ぶことができますよ、というお話でした。

あなたは
あなたの時間をどう過ごしたいですか?

読んで頂いてありがとうございました。

 

お子さんの不登校、反抗期など子育てのお悩み、話してみませんか?

話すことは、心や頭を占めているお悩みを、一度テーブルの上に出し、視点を変えて見たり、整理をするようなものです。

辛さの元になっているものが見えることで、心が軽くなったり、対処法がわかったりします。

解決は無理だと諦めていることでも、一つの行動によって何かが動き出すのはよくあることです。

十河由紀本人

子育てコーチング無料体験の詳細はこちら

「まだ受け付けていますか?」とのお問い合わせがあり、延長することにしました。
後ほど、6月の予定も入れますね。

関連記事

NEW!【オンライン限定】のお得なコースができました※人数制限があります*子育てに悩み、行き詰まりのあるお母さんが笑顔で成長を見守るお母さんになり望む生き方を手に入れる*NLP子育てコーチング体験セッションお申し込み […]

IMG

こちらの記事もおすすめです

関連記事

子育てコーチの十河由紀です。 子どもが学校に行かない、いわゆる不登校になった時、お母さんはとても動揺します。 どうやったら学校に行くか、何が原因か、子どもにどう接したらいいか等たくさん考えて、あらゆる手を尽くします。 一方で、自分のことに[…]

自分をいたわる
関連記事

こんにちは。読んで頂いてありがとうございます。NLP子育てコーチの十河由紀です。 今日は、前回の「不登校・子どもを受け入れる~この子はこの子」の補足になります。 これは、絶対に書いておかなければ!と思ったこと。なぜかというと、子どもを受け[…]

子どもの望む人生
関連記事

こんにちは。NLP子育てコーチの十河由紀です。 タイトル「この子はこの子」書いてみてオノマトペだと気づきました(^^;) 子どもが不登校になってからというもの、子どもを受け入れるとはどういうことかを身をもって体験しています。 もちろん、子[…]

不登校について思うこと
子どものネガティブな話を聴く
最新情報をチェックしよう!
>子育ても人生も楽しみたいお母さんのサポート

子育ても人生も楽しみたいお母さんのサポート